01. 贅沢な時間が始まった

オーロラ大爆発に出会う旅~光が僕を包み込む極上の時間~01. 贅沢な時間が始まった

お気に入りに追加
01. 贅沢な時間が始まった-イメージ1

極北の夜空に広がるオーロラを自分の目で見る機会は、そうそうないと思う。多くの人にとってそれは、一生に一度のことかもしれない。

それなのに、僕らが初めて見たオーロラは、ただのオーロラじゃなかった。現地で暮らしていても簡単には見ることのできないオーロラの大爆発=ブレイクアップだった。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ2

カナダ・ノースウエスト準州の州都イエローナイフからおよそ100キロも離れた、ここブラッチフォードレイク・ロッジ。

凍った湖のほとりに立つロッジの上空で、東西に伸びるオーロラの帯がみるみるうちに2本、3本と増えながら形を変え、徐々に本数も分からないぐらいになり、あっという間に夜空全体を覆い尽くしてしまった。

それが突然、うねうねとスピード感たっぷりに動き出し、からみあい、巨人の手のような形になった。

これがブレイクアップなんだ。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ3

音はしない。だけど、遠い遠い上空に巨人の手が現れた時、僕の頭の中で「バフッ」という大きな音が鳴った。

この時、僕らがいたのは、極北の地で生きてきた先住民のテント「ティピ」の近く。

内部の炎でオレンジ色に染まったテントの背後から、巨人の指はまるで地上にあるものすべてを握りつぶそうとするかのように降り注いできた。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ4

今度は、「ムクムク」「ムクムク」という音が頭の中で広がる。

しばらくすると巨人の指は、空からこぼれ落ちる雫のように動き始め、光のカーテンへと変化していく。

「サー、サー、サー」

僕の想像力が作り出した音がまた、頭の中で鳴り響く。光のカーテンとなった巨人の指は、どこまでも夜空いっぱいに広がり続けていった。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ5

ずっと静寂だった。だけど、僕の頭の中ではいろんな音が鳴り続けていた。

実際に耳から聞こえたのは、防寒用の頑丈な靴に踏みしめられた雪が奏でる「グググググ」という音だけ。

ほら、オオカミのような動物が敵を威嚇する時の、警戒心に満ちたうなり声。湿り気のまったくない極北の雪が、そんな音を生み出し続けていた。

ティピに入って一息つく。三角錐のテントのてっぺんには穴が空いている。本来は火の上に肉や魚をつるして燻製をつくる。煙はまっすぐと穴の方へと登っていくため、中にはさほどこもらない仕組みだ。

ティピの真ん中では、薪が真っ赤な炎を上げながらパチパチと音をたてていた。その時、僕が感じたのは、ひどく他愛もないことだった。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ8

何万年か何千年、あるいは何百年前か知らないけれど、遠い昔、ここでオーロラを見た先住民たちの冷え切った体を温めたのも、今、僕の目の前にある炎と同じ暖かさだった、という、ごく当たり前のことだ。

でも、僕には不思議に思えてならなかったんだ。

マイナス30度、40度が珍しくないこの土地で、真っ暗で凍ったこの世界で、薪の炎はなんとちっぽけなんだろう。

01. 贅沢な時間が始まった-イメージ9

でも、屋外にいる人間にとっては、今も昔もこれが最高の暖かさなんだ。

オーロラが広がる上空からは決して見えないだろう小さな小さな炎の熱に身をゆだねながら、僕は過去にこの地でオーロラを目にしてきた数え切れない人々へと思いをはせる。

日本を発ってから17時間。飛行機を乗り継ぎ、やっとたどり着いたブラッチフォードレイク・ロッジ。けっして豪華ではないけれど、最高に贅沢な時間が始まった。

コメント

  • サク

    自然の畏怖を感じることができるカナダ。ダウンタウンのように華やかで賑やかなところもいいけど、自然と向き合う時、本当の自分も見えて来るきがする。

  • のあ

    素敵です、ずっとずっと見たいと思っていたオーロラ。背中を後押しされたようでした。必ず、みたい。みます。

  • amii

    オーロラを見るために将来海外へ旅をしたい。寒さに耐えながら嫌いなオーロラを見て心の浄化、癒しを得たい。

  • いっこ

    何もないのに、すべてが充たされていると感じました。こんなところでオーロラ三昧?(-“”-;)できたらなんて幸せでしょう。私も一生に一度はオーロラ見たいとずっと前から願っています。

  • チャコ

    一番してみたいこと、まだ、夢のままです。それは、オーロラを、本物のオーロラをみることです。

  • きゅう

    言葉はありません。只、黙ってずーっと見ているだけです。

  • ゆめこ

    神秘的なオーロラ、この目で実際に観たいと思っていました。

    年齢を考えると寒さに耐えられる体力も限界に近くなっているので
    是非とも観たいと思っています。

  • ガツ坊

    8月25日からホワイトホースに行きます。オーロラ爆発に出会えれば、と期待しています。

  • aya

    カナダ&ラップランドへGO
    オ-ロラの旅は、小学生の時からの夢。
    あと数年あと数年と?定年退職もあと数年?
    オ-ロラの旅に近づいています。

  • こゆっち

    私はカナダに留学しています。まだ冬は体験していません。この記事を読み、今年の冬が楽しみになってきました!

  • p・アンジュニユー100mmf2

    確かにオーロラの旅はロマンを感じて素晴らしいが、日本国内で見られる蜃気楼(富山湾、琵琶湖、鉾田沖、北海道その他等々~)は実は、オーロラよりも珍しいのです。ぜひ、国内にも目を向けてください。

  • チョコ

    良いですね~。
    「ピキッ」以外の無音✳︎音の表現が凄く伝わってきました!素敵!現地で見上げたら圧巻でしょうね〜。

  • チョコ

    良いですね~。
    「バフッ」以外の無音✳︎音の表現が凄く伝わってきました!素敵!現地で見上げたら圧巻でしょうね〜。

  • とと姉ちゃん

    写真素敵です。一度は訪れたい。

  • yoshi

    生で観たオーロラは忘れられません。
    テレビや写真で見るオーロラも綺麗ですが生で観るブレイクしたオーロラは正直比べ物にならないぐらい感動です。
    「夜空に白いカーテンが舞い降りユラユラと揺れダイヤモンドのようにキラキラと輝く」
    ロッキー山脈、ナイアガラの滝、ウユニ塩湖、マチュピチュなども観ましたがオーロラだけはもう一度観に行きたいです。

  • ケンジ

    写真やテレビの映像だけでも自然の驚異を感じて素晴らしい夜空の景色です。実際に現地から目の前で一度は見てみたいです。

  • おじゃま虫

    ツアーで行って感動的なオーロラを見る事が出来る確率は非常に少ないけど
    晴れていればそれなりのモノは見れるから1度は行っとく

  • 酒バラの夢

    柔らかく煮た豆とブランデーを持って寒い野外で
    「オーロラと出会える時間」まで待ちたいな~
    …そのまま凍死してたりしてw

  • オーロラ亮子

    いいなぁ、死ぬ前に一度は見てみたい!

  • 匿名

    とても素晴らしいです。

  • ヴィヴィ

    数年前にイエローナイフでオーロラを見ました。生のオーロラはすばらしく美しくて!!友人に感想を聞かれても「自分で見に行って!」やはりご自身の目でみて感じていただきたいです。幸運にもホテルの窓からも見えたので暖かい部屋でワインを飲みながらすっと見入っていました。装備品は現地にレンタルがあるのであまり色々持参しなくても大丈夫。オススメは貼るホッカイロです。

  • ぴちゅ

    アラスカで観たオーロラの空は忘れない。
    だけどカナダもいいね!

  • 世界人 Kanou

    ファンタジー♪♪

  • かな

    うっとりです、素敵過ぎだよ✨

  • 鈴木 しづ子

    自然への畏怖の念を忘れてしまう今の生活に喝!
    この素晴らしい緑の地球が美しいままであってくれ
    と願い祈ります。

  • らいと

    10年ほど前、フィンランドでブレイクに遭遇しました。あの感動は、映像や言葉で伝わるものではなく、人生や価値観が変わるほどの衝撃があります。一生に一度は見ておくことをお薦めします。

  • 小川 篤男

    こんなにきれいなオーロラ、自然は素敵だなと思いまた不思議だなと思いました。映像だけでなく実際に目の前にしたときを連想と身震いを感じます。

  • かこ

    私も3年前念願だったオーロラを見にイエローナイフに行きました。こんなに、凄くはなかったけれど、オーロラは出現してくれて、とっても感動した事をいまだに忘れられません。もう一度行きたい!ブラッチフォードレイク・ロッジ必ず行きます。

  • 遠藤 俊哉

    皆既日食とオーロラ どちらも観た人がもう一度見たいとしたらどちらの問いに オーロラと答えた。 人間の超広角肉眼レンズでこそ観られる最高の物の一つ。

  • まにあ

    ブレイクアップしたオーロラはとても綺麗で圧巻されますよ。写真を撮る余裕もありませんでした(笑)

  • まなっつ

    オーロラ見に行きたい。生涯の夢です…。素敵な画像をありがとうございました!

  • 川原ひで

    9月に北欧でお初めてオーロラを見て感動しましたが、これはすごい!こんなの見られたら、もう死んでもいいぐらいの感動ですね。寒くてもいい、行きたい。

  • すずきやすお

    オーロラ幻想的で 素晴らしい
    たき火でウィスキーを飲みたいですね

コメントを残す