10. Right Land

アルバータの物語10. Right Land

お気に入りに追加
10. Right Land-イメージ1

「アルバータの物語」の次なる舞台は、州都・エドモントンだ。

州内最大の都市、カルガリーが牧場経営から発展を遂げたのに対し、人口規模では2番目となる州都・エドモントンは、小麦などの農場を産業の基盤としてきた。

「アルバータの物語」の最初の原稿で書いた「Farm & Ranch」の「Farm」に当たるのがエドモントンだ。

10. Right Land-イメージ2

カルガリーに始めから牧場があったわけではないように、エドモントン周辺だって、別に最初から小麦の実る農場が広がっていたわけではない。

何もない大地を開墾し、小麦が収穫できるように、キャノーラ油の原料となるアブラナが咲くように、農場として整備してきた人たちがいたからこそ、今日のエドモントンがある。

エドモントンを「拓いた」人たちは、どこからやってきたのだろうか。

10. Right Land-イメージ3

当時、カナダ政府はアルバータ、サスカチュワン、マニトバの「プレーリー3州」を開発するため、ヨーロッパから大量の移民を受け入れる政策を推進していた。

移民募集の役割を担ったのが、当時のカナダ国有鉄道(CNR)やカナダ太平洋鉄道(CPR)といった鉄道会社だ。

ヨーロッパの各都市にこうしたポスターを貼りまくり、宣伝カーを走らせてプレーリーを開拓する人たちを募集していた。

鉄道会社は船も所有していて、ヨーロッパ大陸からケベック・シティ、あるいはモントリオールまで船で移民を運んだ。

10. Right Land-イメージ4

そこから先は鉄道の旅となる。募集に応じた移民の人たちを満載し、カナダ西部の「新天地」まで送り届けた列車は、「移民列車」というなんとも分かりやすい名前で呼ばれていた。

それにしても、ポスターの文字を見てみると、「Right Man」のための「Right Land」とか、西部カナダの地に自分の「巣」をつくろうとか、なかなか魅力的な言葉が並んでいる。

ポスターだけを見ていると、既に開墾された農地が広がっていて、近くには鉄道が走り、洒落たマイホームだってあるように思える。決断しさえすれば、明日からでもこの夢のような生活が手に入る、といった錯覚に陥ったとしても不思議ではない。

10. Right Land-イメージ5

ただしだ、世の中にそんなに甘い話があるはずはない。

この写真は、イギリスからの移民の写真だ。

当時はロンドンの中心部にカナダへの移民を募集するオフィスが構えられていて、1900年にはたった半年の間に5000人以上ものイギリス人をカナダに渡航させたという。

10. Right Land-イメージ6

次の写真はロシアからの移民の人たちだ。僕の勝手な想像だけれど、厳しい気候の中で生き抜いてきた人たち、という印象を受ける。

もちろん、着ている服装に民族性が現れる部分もあるけれど、それにしても出身国によって醸し出す雰囲気がまるで違う。

10. Right Land-イメージ7

次の写真は、カナダに渡ってきたばかりのドイツ人一家。彼らの真面目そうなことと言ったら、どうだろうか。

10. Right Land-イメージ8

だから最後の写真、このカードに興じ、ギターをひき、タバコを加えているイタリア人移民は、ものの見事に民族性を体現してはいないだろうか。

まさに紳士といった感じのイギリス人や朴訥なロシア人、生真面目なドイツ人とのあまりの違いに、思わず「出来すぎだろ」と写真に突っ込みを入れたくなる。

さて、様々な国の人たちがアルバータをはじめとするプレーリーにやってきたけれど、その中でも開拓民として特に歓迎されたのが、ウクライナの人たちだ。

カナダ政府側では、ウクライナの人たちについて、こんな呼び方すらされていた。

「粗末な羊皮の外套をまとい、大地で生まれ、10世代も続く農民で、たくましい妻と半ダースの子供を持つ屈強な農民」

人を労働力としてしか見ていないような、ずいぶんとひどい言い方だと思う。しかし、そんな偏見をものともせず、たくましくエドモントンの大地を拓き続けてきたのが、ウクライナの人たちだった。

コメントを残す