08. 「Bar U Ranch」の円卓

アルバータの物語08. 「Bar U Ranch」の円卓

お気に入りに追加
08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ1

「アルバータの物語」の前編とも言うべきカウボーイにまつわる原稿をそろそろ終えるにあたり、最後に僕が紹介しておきたいと考えたのが、かつての大牧場「Bar U Ranch」(バー・ユー・ランチ)だ。

カルガリーのダウンタウンから南へ約100キロ。通称カウボーイ・トレイルと呼ばれる州道沿いにある。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ2

1881年から1950年までの約70年間にわたり、ここで実際に大規模な牧場経営が行われていた。現在は政府機関であるパークスカナダが、アルバータ州南部での牧場経営や開拓の歴史を伝える「史跡」として管理している。

「Bar U Ranch」での取材を通じ、だれがカルガリーをはじめとするアルバータ州南部を「拓いた」のかを、さらに知ることができるだろうと思っている。

「Bar U Ranch」からは雄大なカナディアンロッキーの峰々を眺めることができる。馬にまたがったカウボーイの像が追いかけているのは狼だろうか。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ3

アメリカのイエローストーン国立公園では野生の狼が絶滅し、生態系に影響が出てしまったことから、アルバータ州から狼を輸送して公園内に放ったという話を聞いたことがある。

開拓時代、このあたりにはそれこそたくさんの狼がいて、いつも牛を狙っていたのかもしれない。

「Bar U Ranch」の中では、こんなふうに馬車が通り過ぎていくし、1900年代初頭のオリジナルの建物が当たり前のように残っていたりもする。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ4

この建物は牧場の経理担当者の住居兼仕事場で、その後は郵便局としても使われたという。

このあたりには郵便局がなかったため、「Bar U Ranch」内の郵便局が周辺のコミュニティの郵便局として機能したようだ。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ5

馬具の修理を行っていた建物の中には、当時の鞍(くら)があった。

今まで間近に見たことはなかったけれど、よく見ると革に細かいデザインが施されていて、なかなか芸術的な感じだ。

カウボーイになった若者がまず最初に欲しがるのが自分の鞍なんだそうだ。自前の鞍に好みのデザインを入れて、ようやくカウボーイとしての第一歩を踏み出す、ということなのかもしれない。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ6

鞍などの馬具を修理するのに使う、足踏み式のミシンもある。

分厚い革を縫い合わせるだけあって、なかなかゴツくて無骨な雰囲気を漂わせている。

「Bar U Ranch」は、最盛期には100人以上のカウボーイがいたんだそうだ。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ7

彼らが生活していた建物の1階は、食堂やキッチン、共同のトイレ、それにあとから増築されたというシャワールームも備えられている。

2階はカウボーイたちの居住スペースだ。それぞれのベッドが並んでいるだけでプライベートも何もあったもんじゃない。

といっても、彼らは牛の群れを引き連れてチャックワゴンとともに大地を移動していたのだから、もともとプライベートなんて気にしていたらカウボーイは務まらないのかもしれない。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ8

大地を移動していたカウボーイ以外にも、この牧場の柵の中にやってきた人たちがいる。大陸横断鉄道の建設に従事していた中国人たちだ。

「Bar U Ranch」がオープンした1881年から2年後の1883年、大西洋側から延びてきたカナダ太平洋鉄道の線路がカルガリーまで達した。

そして1887年、鉄路はついに太平洋に面したバンクーバーにまでつながり、大陸横断鉄道はついに完成の時を迎えることになった。このことは、鉄道建設に携わっていた多くの中国人が仕事を失うことも意味していた。

08. 「Bar U Ranch」の円卓-イメージ9

彼らは鉄道沿いにオープンした牧場にやってきて、料理人として働くようになったんだそうだ。おかげで「Bar U Ranch」の食堂には、中華料理特有の回転式の円卓が採用されている。

牛の群れを引き連れて大陸を移動していたカウボーイたちは、その牛たちと同様に牧場の柵の中へと納まり、牧場主の指示の下で働くようになっていったのだろう。

そして、まだ中国が清朝だった時代、中国の人たちは太平洋を超え、アメリカやカナダで鉄道建設の現場で働き、そして牧場のコックになった。アルバータ南部は、こうした人たちによって「拓かれた」のだ。

コメントを残す