07. チャックワゴンで朝食を

アルバータの物語07. チャックワゴンで朝食を

お気に入りに追加

どこまでも広がるプレーリー独特の雲を、朝日が下からオレンジ色に照らし始めた。カウタウン・カルガリーの夜が明けようとしている。

ホテルの窓から見えるカルガリーの夜明けは、林立する高層ビルに囲まれている。

けれど、かつて牛を追って大平原を移動し続けたカウボーイが目にしたのも、きっとこれと同じきれいな朝焼けだったと思う。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ3

これから一日、また牛とともに移動を続けるカウボーイのお腹を満たす役割を担っていたのが、「チャックワゴン(CHUCKWAGON)」と呼ばれる幌馬車だ。

「CHUCK」とはfoodのスラングなんだそうで、この馬車には料理を作る道具や工夫が備えられていて、後部は広げるとテーブルにもなった。いわば食堂車のようなものだ。

この幌馬車の名前は今、カルガリー最大のイベント「カルガリースタンピード」の一番人気の催し物、「チャックワゴンレース」として受け継がれている。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ4

もちろん、4頭の馬で引く現代のレース用のチャックワゴンには皿や食糧は積まれていないだろうけれど。

しかし、ダウンタウンから車で45分ほど、カウボーイトレイルの愛称で呼ばれる街道を進んだところにある「チャックワゴン・カフェ」は、幌馬車の時代と変わらず、今もアルバータの人たちのお腹を満たしてくれている。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ5

それにしても、1番人気だというハウスバーガーのボリュームといったらどうだろうか。

これがバーガーの上下で、この2つを重ね合わせてかぶりつくのだけれど、ちょっと口に入るかどうか自信がない。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ6

こちらはアルバータビーフのステーキの上にたっぷりのエッグベネディグトという贅沢な組み合わせだ。

1973年にオーナーのTerry Myhreさんがオープンした「チャックワゴン・カフェ」は、その味が新聞やテレビで取り上げられたり、カルガリーのベストバーガーに選ばれたことから人気に火がつき、いまでは遠くから車を飛ばして食べに来る人が後を絶たないそうだ。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ7

こちらはビーフと大麦のビーフ・バーリー・スープ。カウボーイのスープとも言われ、大麦のプチプチ感が楽しい素朴な味のスープだ。

「チャックワゴン・カフェ」の人気の秘密は、単にメディアで取り上げられて有名になったからだけではない。

店で提供するアルバータビーフは、オーナーのTerry さんが自身の牧場でホルモン剤などの添加物を一切使わずに育てた牛だ。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ8

いずれも等級は「AAA(トリプルA)」。ハンバーガーに使うひき肉までもが当然のようにトリプルAの高級アルバータビーフだ。

周囲は牧場ばかりの土地だ。だから味にはうるさい「隣人」が多くいる中で、本当に美味しいと認められた味と安全性、ということなんだろう。

営業時間は朝の8時から午後2時半まで。週末は午後3時半までとなる。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ9

店を開けて最初にやってくるのは、早朝から働いているこのあたりの牧場主など。シーズンによっては釣り人やハンターなども朝早くから訪れるという。

9時ぐらいからは遠いエリアからやってきた人たち、そして全世界からの旅行者で席はいっぱいになる。いつもお客であふれかえっているので、初めて来た人は皆一様に驚くと聞いた。

この若いご夫婦も、「チャックワゴン・カフェ」でハンバーガーを食べるためだけに、わざわざ車を飛ばしてやってきたんだそうだ。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ10

お願いしたら、2人そろってハンバーガーにパクついてくれた。本当に美味しそうな表情だ。ご協力に心から感謝したい。

牛の群れを引き連れて移動し続けるカウボーイたちに、食事を提供していた幌馬車のチャックワゴン。

つらくて長い旅の唯一の楽しみが食事だったということなんだろう、カウボーイの月給は30~40ドルだったのに対し、料理人は月50ドルだったという。

07. チャックワゴンで朝食を-イメージ11

つまり料理人としても、美味しいものを提供しなければカウボーイたちの怒りを買ってしまうので、おいそれと手は抜けなかっただろう。

カルガリーを旅する時は、アルバータビーフのステーキもいいけれど、ぜひとも大きな口を開けてハンバーガーにパクついてみてほしい。

幌馬車のチャックワゴンがカウボーイを元気にしたように、ボリューム満点のアルバータビーフのハンバーガーが、きょうもいろいろ見てやろう、という元気を与えてくれるはずだ。

コメントを残す