06. サップが春を連れてくる・その1

メープルシロップ ワンダーランド06. サップが春を連れてくる・その1

お気に入りに追加
06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ1

毎年2月末から3月のはじめごろになると、砂糖カエデの木から2~3%の糖分を含んだ樹液=メープル・サップが流れ出す。

それは、昼間の気温が2~3度、夜間がマイナス1度ぐらいという条件がそろう時期にだけ起こる現象だ。だからメープル・サップを収穫できるのは、1年のうちでわずか5週間ほどにすぎない。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ2

砂糖カエデの幹に穴をあけ、そこに蛇口のようなものを取り付けてバケツをぶらさげておく。

この時期の砂糖カエデは夜間にたっぷりと地中の水を吸い上げている。昼間になるとこの穴から幹の内部のメープル・サップがポタポタと流れ出し、バケツにたまっていくという仕組みだ。

メープル・サップの収穫はイコール、メープルシロップづくりの始まり。同時にそれは、長かった寒い冬がようやく終わり、いよいよ春に向かっていく、そんな待ちに待った季節の訪れをも意味しているんだ。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ3

だからケベックやオンタリオの人たちはメープル・サップの収穫が始まると、家族や仲間でシュガー・シャックに集ってパーティーを開く。春の到来を祝うこの集まりは、「シュガーリング・オフ・パーティー」と呼ばれている。

モントリオールから車で1時間ほど、イースタンタウンシップスにある「ピック・ボア」。3月はじめのこの日、僕は、「キツツキ」という名前を持つこのシュガー・シャックで、主人のアンドレさんの親戚や友人たちの「勢揃い」に同席させてもらえることになった。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ4

アンドレさんは、映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」にハリソン・フォードの父親役で出演した時のショーン・コネリーに似た、なかなかの男前だ。

それにしてもだ、アンドレさんの親戚やら友達やら、いったい何人集まったんだろう。50人はゆうに超えている。次々にやってきては頬にキスをしてハグをして、久しぶりに会えたことをお互いに喜び合う。高齢の人も若い人も子供も、みんなワイワイ、ガヤガヤ。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ5

シュガーリング・オフ・パーティーでは、シュガー・シャックならではの料理がふるまわれる。そう思って見ていたんだけど、なかなかそうはならず、みんな立ったまま延々と楽しいおしゃべりを続けている。

部外者の僕はただただ、ボ~ッとその光景を眺めているしかなかった。そしてこの楽しいおしゃべり、なんと1時間以上も続いたんだ。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ6

段取り重視の日本人からすると、目の前の状況はなかなか理解しがたいけれど、この明るさと、こだわりのなさがカナダらしいんだと思う。

仕切る人は誰もいなくて、ただただおしゃべりが続き、そのうちに缶ビールが手から手へと回され、お互いに写真を撮っては笑い、またハグが繰り返される。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ7

そのうちになんとなくみんなが席に座り始め、ハムと豆の緑色のスープが配られ始めた。スープのあとはブッフェ方式で、それぞれが好きな料理を皿にとる。ようやくシュガー・シャック料理の始まりだ。

定番の卵のスフレは甘味があってふわっふわ。ソーセージも山盛りで、スモークされた柔らかい豚肉も絶品だ。

ベイクドビーンズに、小さなジャガイモを輪切りにした丸いプライドポテト、たっぷりのピクルス。どれも素朴で飾らない味だ。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ8

日本人に馴染みのない味としては、豚の脂身の塩漬けをカリカリに揚げたものや、豚の耳を薄くスライスして、やはりカリカリに揚げた料理なんかもある。

豚の耳の方はかなり塩味が効いていて、理由は分からないけれど「キリストの耳」という名前がついている。これはビールにぴったりの味だ。

シュガー・シャックならではのこうした料理が生まれた背景について、アンドレさんに尋ねてみた。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ9

「これは、森の中でキャンプをしながら仕事をするランバージャック(きこり)たちの料理からきているんだ」―。そう言われてみると、これらの料理の素朴さの意味が分かってくる。

メープル・サップの収穫が始まると、今年一番の砂糖やシロップを求めて、街から親戚や友人がやってくる。彼らは商品を買ってくれる顧客であると同時に、サップの収穫作業を手伝ってくれる仲間でもある。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ10

しかし、料理でもてなそうにも、シュガー・シャックのある森にレストランなどあるはずがない。保存の効く食べ物を中心に、みんなに喜んでもらおうと生まれたのが、シュガー・シャックの料理なんだろう。

「豚肉の脂身の塩漬けも、寒い中で力仕事をするための知恵から生まれた保存食なんだ」とアンドレさん。

そう言えば、カナダの先住民部族の1つ、「ワンダット(ヒューロン族)」の人たちは、冬を乗り切るための食料として熊の脂肪を蓄えていたっけ。脂肪を摂取することは重要な寒さ対策なんだろう。

アコーディオンの軽快な音楽が流れ、楽しい宴を盛り上げる。赤と黒のチェックの柄のシャツは、シュガー・シャックで働く人やランバージャックたちの制服みたいなもんだ。腰にはサッシュが巻かれている。いかにもケベックらしい。

06. サップが春を連れてくる・その1-イメージ11

みんなが音楽に乗ってスプーンを叩き始めた。昔は楽器だって誰もが持っているわけじゃなかったので、2本のスプーンをカスタネットのようにしてリズムを取ったのが始まりなんだそうだ。みんな慣れてるから叩き方が上手だ。

日本だって昔の宴会では、興が乗ってくると、箸で皿をたたいて、なんてことがあった。あれと同じだ。

砂糖カエデの幹からサップが流れ始め、メープルの甘い香りが春の到来を告げる。日本で言えば、桜が咲いて花見に繰り出すようなもんだろうか。春は人の心をウキウキさせる。この思いはきっと、万国共通なんだろうなあ。

コメント

  • 熊谷純一

    カナダとメープルシロップは、森林の清々しさ、大らかな大地と湖、悠悠と生きる人々と様々な生き物を連想させて憧れを掻き立ててくれます。

コメントを残す