01. メープルの国、メープルの子

メープルシロップ ワンダーランド01. メープルの国、メープルの子

お気に入りに追加

昭和のはじめに来日したドイツ人建築家、ブルーノ・タウトは、京都の桂離宮を見て「泣きたくなるほど美しい」と語ったそうだ。人工の建造物と大自然の違いはあるけれど、僕の目の前に広がるカナダの紅葉もまた、涙が出そうになるぐらいに美しい。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ1

波ひとつない湖に映り込んだ、赤と黄色の樹々。湖面が鏡のように穏やかで、じっと見ているうちに縦に見たらいいのか、それとも横から見るべきなのか、なんだか不思議な気分になってくる。

素晴らしい色のコントラストを生み出しているのは、あのメープルシロップをもたらしてくれる砂糖カエデの木。その原生林があるのは、世界的にもカナダのケベック州とオンタリオ州、それにアメリカの一部などに限られている。

だから砂糖カエデの樹液を煮詰めて作るメープルシロップは、世界全体の90%がカナダで生産され、このうち85%をケベック産が占めているんだ。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ2

でも実はこれ、本当に不思議なことだと僕は思っている。

考えてもみてほしい。カナダという国は、いわゆる「インディアン」と呼ばれる先住民の人たちが暮らす土地に、フランスやイギリスの入植者がやって来たところから始まった。

入植者たちが最初に拠点を築いた場所が、今のケベック・シティ。フランス人の手によって建設された木造の砦の周囲には、なぜか世界でも限られたエリアにしかない砂糖カエデの樹々が生い茂り、その樹液が極寒の冬を越すのに欠かせないエネルギー源、「砂糖」をもたらしてくれたなんて。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ3

これは本当に単なる偶然なんだろうか。それとも、遠い未来のカナダの建国を願った、神様からのプレゼントだったんだろうか。

氷点下なんて当たり前のこの土地で、よそ者である入植者たちは冬を越す術を持たなかった。雪の上を移動する方法も、寒さから足を守る靴の作り方も、冬の間のエネルギー源の確保の仕方もー。しかし彼らは、先住民の人たちから甘い樹液の存在を教えてもらうことによって、厳しい冬をなんとか生き抜くことができたんだ。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ4

だから僕は、もし砂糖カエデがなかったら、メープルの甘さがなかったら、カナダという国が建国されるほどに人は集まらなかったんじゃないかとさえ思っている。

フランス人が初めて砦を築いたのがケベックの地で、そこにはなぜか砂糖カエデの原生林が広がっていて、そこに暮らしていた先住民の人たちが親切にも樹液の甘さを教えてくれたー。

こんな偶然と幸運が重なって、1867年のカナダ建国へと続く、その第一歩が踏み出されたんだと思う。だから僕は、カナダはまぎれもなく「メープルの国」だと思っている。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ5

そして、カナダの人たちはこれでもか、というぐらいにメープルが大好きだ。日本人の目から見ると、彼らの「メープル愛」はもはや異常と言ってもいいぐらいだ。

でも僕には、メープルがなかったら生き抜けなかったというDNAが、カナダの人たちの「メープル愛」につながっているように思えてならない。だから僕は、メープルをこよなく愛するカナダの人たちを「メープルの子」だと思っている。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ6

メープルの国・カナダが2017年、建国から150年という節目の年を迎える。だからこの機会に、みんなにメープルについてもっと深く、もっと広く知ってもらいたいと思っている。

実は、僕は何度もカナダを旅するうちに、結構メープルについて詳しくなってしまった。その結果、今ではなぜか、かなり多くの時間、メープルについて考えるようになった。

スーパーとか輸入食品の店に入ると、置いてあるメープルシロップのラベルを確認しては、「これはちょっと」とか、「なかなかいいのを置いてるなあ」とか、ブツブツつぶやいたりしている。いや、声には出さない、心の中でのことだ。不審者だと思われる。

「メープル味」とか「メープル風」などと唄ったお菓子なんかを見た日には、厳しくラベルをチェックして、「こんなんでメープルを名乗っていいのか?」などと、ひとり勝手に憤慨していたりもする。

料理研究家でもないのにこれほど長時間、メープルのことを考え続けているのは、たぶん日本でも僕ひとりだけだと思う。それはまず間違いないという自負はあるけれど、万が一、「自分だって同じだ」という方がおられたら申し訳ない。今度2人でじっくりやりましょう。

01. メープルの国、メープルの子-イメージ9

とにかく僕が言いたいのは、メープルシロップがパンケーキにかけるだけの、ヨーグルトに混ぜるだけの、ただの甘いシロップだと思ったら大間違いだってことだ。

これからみんなの目の前に現れるのは、「メープルの国」と「メープルの子」を生み出した甘いシロップの真実の数々。僕が招待する「メープルシロップ ワンダーランド」なんだ。

コメント

  • めたぼん44

    数年前にカナダに旅行に行った。
    大自然に感動した。土地の広さに感動した。
    そして何気なしに入ったカフェのメープルシロップに、感動した。とっても美味しかった・・・

  • 須賀敏勝

    メープルシロップ食べてみたい。おいしそう。

コメントを残す