09. 魔法の時間

カナディアン・ロッキーを越えて09. 魔法の時間

お気に入りに追加
09. 魔法の時間-イメージ1

レイク・ルイーズの「駅」を守り続けるジェリー・クック氏と出会った夜、僕は「ディアロッジ」というホテルに宿泊した。

外壁も内装も木の温もりを感じさせる造りで、カナディアンロッキーというこの土地に見事に溶け込んでいる。

まるで山小屋のような趣の部屋の窓からは一晩中、流れていく水の音が聞こえていた。きっとレイク・ルイーズから流れてくる水が作り出す音だろう。だから翌朝、まだ薄暗いうちに目が覚めた時、僕の足は自然とレイク・ルイーズへと向かっていた。

09. 魔法の時間-イメージ2

もちろん、きのうレイク・ルイーズ駅に着いた後で、夕暮れの湖を見てはいた。それも、湖畔にごった返すたくさんの観光客といっしょに。

でもこの日の朝は不思議と、何か違うものが見られるような気がしていた。「ディアロッジ」から湖まではほんの数百メートルといった距離だ。水の音に誘われながら、散歩のつもりでブラブラと湖畔にあるフェアモントホテルの「シャトー・レイク・ルイーズ」の横をすり抜けていく。

09. 魔法の時間-イメージ3

そこからは、まるで魔法のような時間が流れて行った。

いきなり僕の目の前に現れたレイク・ルイーズは、波ひとつない鏡のような湖面に、左右の山々と雪を頂いた奥の方の峰を鮮やかに映し込んでいる。

レイク・ルイーズは「ロッキーの宝石」の呼び名の通り、両方の手のひらで包み込んで大切に持って帰りたくなるような、魅惑的で可憐な美しさを見せている。まさにそれは、魔法の時間だった。

09. 魔法の時間-イメージ4

もちろん早朝とはいえ、周囲には数人の観光客がいた。しかしきのうとは打って変わって、すべての人が静かにこの光景に見入っていた。

先住民の人たちは狩猟の場として、また神秘的な場所として古くからのこの美しい湖の存在を知っていた。彼らのガイドで初めてヨーロッパ人がこの地を訪れたのは、1882年のこと。最初はその美しい湖面の色から「エメラルド・レイク」と呼ばれていたそうだ。

ちなみに今の「レイク・ルイーズ」という名前は、英国・ヴィクトリア女王の四女で、カナダ総督ジョン・キャンベルの夫人、ルイーズ・キャロライン・アルバータからきている。「アルバータ州」も、カナダで人気が高かった彼女の名前からとったものだ。

09. 魔法の時間-イメージ5

「カナダ総督」というのは、英国国王の名代であり、事実上のカナダの国家元首だ。

総督職は長くイギリス系男性が務めていたが、1980年代にフランス系女性が初めて総督となって以降は、中国からの難民、またハイチからの難民出身の女性が続けて総督に就任している。

性別や人種にまで配慮して国家元首を選ぶというのは、移民の国・カナダ、そして多文化主義という理想を追い求めるカナダらしい選択だと思う。

ちなみに「中国からの難民」だったエイドリアン・クラーク総督は香港生まれ。第二次世界大戦中、日本軍の香港攻略と英国軍の敗北により、彼女の両親はカナダへと逃れてきたのだそうだ。

09. 魔法の時間-イメージ6

またハイチ難民であり、黒人初のカナダ総督となった女性ジャーナリスト、ミカエル・ジャン総督は2009年、カナダを訪問した日本の天皇皇后両陛下の接遇にあたり、2010年のバンクーバー五輪では開会宣言も行っている。

難民としてカナダにやってきた人たちがこうした重責を担うのが、まさにカナダという国なんだろう。

09. 魔法の時間-イメージ7

さて、「魔法の時間」はそう長くは続かない。観光客がまもなく大挙して「ロッキーの宝石」の前へと集まってくるはずだ。魔法が解ける前に、次なる魔法を見にいくことにしよう。

レイク・ルイーズから車で15分ほどのところにある、興味深い観光スポットが「スパイラル・トンネル」だ。

この図を見てもらえれば分かると思う。カナディアンロッキーを越える線路というのは、これだけ急こう配な場所を、車両を引いた蒸気機関車を走らせる、ということだ。

09. 魔法の時間-イメージ8

しかし、この難所で蒸気機関車にかかる負担はとてつもない大きい。この負担に耐え切れず、機関車の上についているお釜をひっくり返したような部分が割れて吹っ飛んだ、といった事故が相次いだそうだ。

このためにつくられた螺旋(らせん)状のトンネルが「スパイラル・トンネル」。つまり、勾配を少しでも緩くするために、くねくねと8の字状に機関車を走らせるトンネルを掘ることにしたわけだ。

09. 魔法の時間-イメージ9

このくねくねしたトンネルと、カナダならではのとんでもなく長い貨物列車によって、展望スポットに設置されていたこのジオラマのように、先頭車両が下のトンネルを出てきた時、上の方ではまだ最後尾がトンネルに入っていないという、なんとも不思議な、魔法のような光景が出現するのだ。

それにしてもこの日の僕は、本当にツキがあったと思う。

レイク・ルイーズの素晴らしく美しい情景に続き、貨物列車であるためいつ来るのか分からず、簡単には見られないこの「魔法」を目の当たりにすることができそうだ。そう遠くない距離から貨物列車の音が響いてきた。

09. 魔法の時間-イメージ10

ただし朝方のため、なにやらガスっぽい。望遠レンズでトンネルを狙うが、なんとも不鮮明な限りだ。それでも先頭車両がトンネルに向かっていくのを何とか捉えることができた。

それからどれぐらい待っただろうか。ちょっと待ちくたびれたな、というぐらいに時間が過ぎたころ、先頭の機関車が下のトンネルから顔を出し始めた。

09. 魔法の時間-イメージ11

上の方ではまだ、貨物列車の白いコンテナがトンネルへと向かっている。なんともまあユニークだ。「ロッキーの宝石」と違って、こちらはなんともニヤニヤしてしまいそうな珍妙な魔法だ。

それにしても、人間っていうのは実に健気(けなげ)で、地道な努力をする生き物だと思う。この魔法のような光景が生まれるには、数多くの人の手によって山が穿たれ、くねくねとした長い長いトンネルが掘られたのだから。

人間という生き物をこれほどまでに健気で努力する存在にしたのは、どこかにいる神様なのだろうか。もしかすると、人間がこのような存在であること自体が、本当の「魔法」なのかもしれない。

コメントを残す