氷上「激カワ」対決

氷上「激カワ」対決

お気に入りに追加
ズキンアザラシの赤ちゃん

ズキンアザラシの赤ちゃん

タテゴトアザラシの赤ちゃん

タテゴトアザラシの赤ちゃん

冬の終わり近く、セントローレンス湾の氷の上で生まれる、ズキンアザラシの赤ちゃんと、タテゴトアザラシの赤ちゃん。どちらも、とてもカワイイことは同じですが、違うところもあります。両種の赤ちゃんを比べてみましょう。

母親

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシのメスは体長2m、体重160kg。
タテゴトアザラシのメスは体長1.8m、体重120kg。タテゴトアザラシは、北半球の鰭脚類(アザラシ、アシカ、セイウチなどの仲間)の中で、最も数が多い。

ポツン vs ゴロゴロ

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシは、単独で出産。出産の時期は3月中旬~4月初旬。
タテゴトアザラシは、仲間が集まって出産。出産の時期は2月下旬~4月。

1 vs 1

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシもタテゴトアザラシも、出産は1年に1回、生む子どもは1頭。

青 vs 白

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシの赤ちゃんは、背中が青灰色なので、「ブルーバック」と呼ばれる。白い産毛(うぶげ)は母親の胎内で脱ぎ捨て、泳ぎに適した毛に生え換わって生まれる。
タテゴトアザラシの赤ちゃんは、全身が産毛に覆われている。生まれた直後は黄色っぽいが、やがて全身が白く変わり、「ホワイトコート」と呼ばれる。

20kg vs 10kg

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシの赤ちゃんは、体長約1m、体重約20kg。
タテゴトアザラシの赤ちゃんは、体長約85cm、体重約10kg。生れた時は、羊水に染まって黄色っぽく、「イエローコート」と呼ばれる。5日目ぐらいから真っ白になる。

60% vs 48%

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシの母乳は、脂肪分が60%。牛乳の15倍以上に相当する。
タテゴトアザラシの母乳は、脂肪分が48%。とても高脂肪だが、ズキンアザラシの母乳には負ける。

4日 vs 2週間

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシの子育ては4日間。タテゴトアザラシは10~12日間ほど。どちらの母親も、子育てが終わると、子どもを氷上に残して去る。

ズキンアザラシ

ズキンアザラシ

タテゴトアザラシ

タテゴトアザラシ

ズキンアザラシの子は、母親と別れたあと、すぐに海に入って泳ぐことができる。
タテゴトアザラシの子は、毛が生え換わり泳げるようになるまでの約4週間を、体に蓄えた養分を頼りに過ごす。その間にホッキョクグマなどに見つかる危険がある。

アザラシ観察の拠点
マドレーヌ島

セントローレンス湾の真ん中に浮かぶマドレーヌ諸島( Îles de la Madeleine, 英名Magdalen Islands)は、アザラシ観察の拠点。ズキンアザラシの撮影もここをベースに行われた。
ズキンアザラシに比べて、タテゴトアザラシ(Harp Seal)は、数が多く、しかも集団で子育てするので見つけやすい。3月上旬、天候がよい日には、ヘリコプターを利用しての、タテゴトアザラシ観察ツアーが催される。

「激カワ」ギャラリー

「激カワ」ギャラリー01
「激カワ」ギャラリー02
「激カワ」ギャラリー03
「激カワ」ギャラリー04
「激カワ」ギャラリー05
「激カワ」ギャラリー06
「激カワ」ギャラリー07
「激カワ」ギャラリー08

コメントを残す