もっと知りたい ズキンアザラシ

もっと知りたい ズキンアザラシ

お気に入りに追加

【ズキンアザラシ】 ネコ目(食肉目)アザラシ科

和名:ズキンアザラシ
漢字表記:頭巾海豹
英名:Hooded Seal
学名:Cystophora cristata

体長:オス~2.5m メス:~2.2m
体重:オス~300kg メス:~160kg
寿命:~35年
分布:北極海・北大西洋
食べ物:魚(タイセイヨウサケ、ニシン、ホッキョクダラ、ヌマガレイなど)、タコ、イカ、エビなど。

鼻を膨らませたオス

鼻を膨らませたオス

通常の状態の鼻

通常の状態の鼻

【メモ】

オスが鼻の皮膚を膨らますと、大黒様の頭巾のように見えることから「ズキンアザラシ」と名づけられた。英名’Hooded Seal’も「頭巾をかぶったアザラシ」の意。学名の属名” Cystophora “は「袋持ち」を意味するが、これも鼻を膨らませたオスの姿にちなんだもの。この「頭巾」は、オスが4歳になる頃から発達しはじめる。
なお、新生児への授乳期間は4日で、哺乳類の中で最も短い。

黒い風船・赤い風船

ズキンアザラシの一番の特徴は、オスの頭上に膨らむ黒い風船・赤い風船。メスに求愛したり、他のオスを威嚇したりするときに現れる。
どんな仕組みなのだろうか?

(1)黒い風船

オスの鼻の皮膚はとても弛んでいる。
この鼻に、一気に空気を送り込んで、大きく膨らます。

黒い風船1
黒い風船2

(2)赤い風船

赤い風船1
赤い風船2

オスがさらに興奮すると、鼻の穴(普通は左の鼻の穴)から大きな赤い風船が現れる。
風船の正体は、鼻の内側にある「鼻中隔」。左右の鼻の孔を隔てる壁のような器官だ。
ズキンアザラシの鼻中隔はとても柔らかい。片方の鼻の孔を閉じ、そこに強く空気を送ると、鼻中隔が反対の穴から出て膨らむ。

赤い風船図1
赤い風船図2
赤い風船図3
赤い風船図4

赤風船6

*「赤風船」を振ると、「ポン、ポン、ポン」と音がする。なお、動画にもこの音が入っている。

授乳中のメス(右)に近づくオス。

授乳中のメス(右)に近づくオス。

オス(左)は、鼻をふくらませて求愛。

オス(左)は、鼻をふくらませて求愛。

ライバルのオスには、鼻で勝負。鼻の大きい方が勝ち。

ライバルのオスには、鼻で勝負。鼻の大きい方が勝ち。

「黒風船」で勝負がつかないと、「赤風船」が飛び出す。

「黒風船」で勝負がつかないと、「赤風船」が飛び出す。

赤風船でも決着がつかないときは、実力行使。

赤風船でも決着がつかないときは、実力行使。

オス同士の勝負は、海の中までつづくことも。

オス同士の勝負は、海の中までつづくことも。

抜群の潜水能力

ズキンアザラシの潜り1
ズキンアザラシの潜り2

ズキンアザラシは潜りが得意。普段は、1日のほとんどを水に潜って暮らす。魚やイカなどの獲物を追って、水深100~600mまで潜るが、時には水深1000mを超える深さにまで潜ることもある。

コメントを残す