08. 黄金色のワイン

メープルシロップ ワンダーランド08. 黄金色のワイン

お気に入りに追加

カナダのワインと言うと、ナイアガラの滝のあたりで作られている甘いアイスワインを思い浮かべる人が多いと思う。カナダ土産としても広く知られている。

08. 黄金色のワイン-イメージ1

ブドウの実を収穫せずに、あえて枝に付いた状態のままで冬を迎える。凍っては溶ける、溶けては凍るという過程を繰り返し、小さく引き締まったブドウの実からは、ぎゅっと濃縮されたごく少量の甘い果汁が生み出される。

この果汁から作られるのが、アイスワイン。手間暇かかるだけに少々、値も張るカナダを代表するワインだ。

でも、カナダにはこのほかにも太平洋側のブリティッシュ・コロンビア州・オカナガン渓谷など、世界レベルのワイン産地がたくさんある。なんでもアメリカとの貿易協定に危機感を強めたワイン農家の頑張りが、ワインの味と質を飛躍的に向上させたんだそうだ。

残念なのは、生産量が少ないこと。その多くが国内消費に回るため、日本ではなかなかお目にかかる機会がない。

08. 黄金色のワイン-イメージ4

そんなカナダのワインの中でも、国内にいてさえ簡単に飲むことができないのが、メープルシロップ100%の「メープル・ワイン」だ。

この珍しいワインを作っているのが、元小学校教師で、退職後に「ムーン・シャドーズ・エステート・ワイナリー」をオープンしたエリックさん。オンタリオ州のハリバートンという、日本ではほとんど知られていない街に、エリックさんのワイナリーはある。

ひとくちに「メープル・ワイン」と言っても、白ワインにメープルシロップを混ぜただけでも「メープル・ワイン」と呼ぶようなので、明確な定義は難しい。

しかし、エリックさんの作る3種類の「メープル・ワイン」のうち、甘さ抑えめの「ゴールデン・メープル」と、デザートワインの「メープル・シュガー」はともにメープルシロップ100%だ。

残る「Cin-ful Maple」も、シナモンを加えただけでほぼ100%だというのだから、3種類ともまさに「メープル・ワイン」の名にふさわしい一品だと思う。

08. 黄金色のワイン-イメージ7

僕もエリックさんに注いでもらい、「ゴールデン・メープル」を味あわせてもらった。「ゴールデン」の名にふさわしく、グラスの中の液体はまさに黄金色(こがねいろ)。琥珀色とは違う。やっぱり黄金色だ。

口に含むと、メープルシロップの甘味がほんのりと残りながら、その風味や香りはかつてメープルシロップだったことを強く主張してくる。

爽やかだけれど個性的で、意外にパンチが効いている。だからエリックさんも、「ポークやチキン、ターキーなどあっさりした食材の料理に合わせた方がいい」とアドバイスしてくれた。

08. 黄金色のワイン-イメージ8

僕の頭にすぐに浮かんだのは、刺身。たんぱくな白身の魚で、メープルの香り豊かなこのワインを楽しみたい。ホタテなんかもいいと思う。

エリックさんは教師だったころから家でメープルシロップを作っていたけれど、いつしかメープルシロップでワインを作ることはできないだろうか、と考えるようになったそうだ。

「ほかのメープル農家とは違うことをやりたい、メープルシロップはカナダのシンボルのようなものなのだから、何かもっと違うことができたら、と考えた」のだという。

何年も試行錯誤を繰り返し、家族や友人に試飲してもらい、何度もNGを出されながら、ようやく今のテイストに到達したんだそうだ。

08. 黄金色のワイン-イメージ9

「ムーン・シャドーズ・エステート・ワイナリー」では、ストロベリーやラズベリー、ブルーベリーにクランベリーなど、さまざまなフルーツワインを作っている。そこまでなら普通かもしれないけれど、ほかのワイナリーと決定的に違うのは、フルーツワインの発酵にもメープルシロップの糖分を使っているという点だ。

「ゴールデン・メープル」、「メープル・シュガー」という2つの「メープル・ワイン」はともに、年間生産量が600リットルほどしかないそうだ。

このワイナリーと出会ってしまった僕にとって、最大の関心事は、このワインを日本で楽しむことができるのかどうか、という点だ。「オンラインで購入したりできるのか」とエリックさん聞いてみた。答えはNO。

08. 黄金色のワイン-イメージ10

エリックさんが取得しているのはオンタリオ州でのライセンスのため、残念ながら州や国をまたいで直接、販売することはできないんだそうだ。もちろん州内ならオンライン購入も可能だという。

エリックさんが作る「メープル・ワイン」の素晴らしさをもっと宣伝してあげたいと思う。

しかし一方で、そっと静かにしておいて、僕も含めて知っている人だけで楽しみたい、という誘惑にもかられる。

何とも複雑極まりない。黄金色のワインは、僕の心を千々に乱れさせ続けている。

コメント

  • 豊田 紀隆

    メイプルシロップってすごいですね。
    黄金色のワインも飲んでみたいですね。

  • 鈴木勝昌

    メイプルシロップは高価ですけど、上品な味で奥深さを感じます。そういえば、今夏エドモントンで緑濃いメイプルの葉が茂っている木を見つけ、その葉っぱの写真を撮ってきました。先月アルバータ州立大学の語学研修でお世話になっているエグゼキュティヴ・ディレクターの方と東京のレストランに行く途中で、プラタナスを見て、「鈴木さん、あれはメイプルよ。」とおっしゃっていました。葉っぱはよく似てますね。でも、違いますね。メイプルの紅葉する原生林を見たですな。

  • Lumberjack

    今度の初夏には、2度目のカナダ旅行を計画中です。花のカナダを満喫し、ケベックの新緑とメープルシロップ料理に出会う予定です。
    前回のバンフからロッキーのハイキングは広大なカナダのほんの一部でした。次回は東部を周遊する予定ですが、カナダの魅力は尽きません。季節ごとにもっと何度か行くべきでしょうね。

コメントを残す