もっと知りたい ライディングマウンテン国立公園

もっと知りたい ライディングマウンテン国立公園

お気に入りに追加

ライディングマウンテン国立公園は、広さ2,978k㎡。州都ウィニペグから西へ約200kmのブランドンを経て、100kmほど北上すると、同国立公園の中心地ワサガミング(Wasagaming)に着く*。マニトバ州の西部は、肥沃な穀倉地帯。ライディングマウンテンは、いわば、草原の海に島のように浮かぶ丘陵地だ。ふもととの標高差は約420m。カナダの西部・東部・北部が交わる地域にあたり、川や湖沼の点在する園内では、草原・広葉樹林・針葉樹林など、多様な植生と、それぞれに適応して暮らす生きものの姿を見ることができる。

[*ウィニペグから国道1号線を通ってポルタージュ・ラ・プレリーに至り、16号線でミネドサ、そこから州道10号線を辿るルートなら、約250km]

mountain01
モミやトウヒなどの北方針葉樹林

モミやトウヒなどの北方針葉樹林

 ポプラ林。初夏には鳥の声で賑わう

ポプラ林。初夏には鳥の声で賑わう

かつてこの一帯には先住民のクリー族・アシニボイン族が暮らしていたが、200年ほど前にバイソン(野牛)を追って西に移り、かわってオジブワ族(アニシナベ族)が住むようになった。今でも、公園の周囲にオジブワ族の集落(Indian Reserve)が4箇所ある。彼ら先住民は、採集・狩猟・漁労のほか、毛皮を供給する交易にも従事した。野生動物の宝庫だったライディングマウンテンも、毛皮交易が盛んになるにつれて、ビーバー、カワウソ、テンなどの毛皮獣は次第に姿を消し、ついにはすっかり見られなくなってしまった。なお、ライディングマウンテン、「乗馬山」という名前は、毛皮交易時代、当地の主な交通手段は乗馬であったことに因む。

1881年、カナダ太平洋鉄道の線路がブランドンに到達。開拓者がふもとの平原に定住し、山の木々を伐採して木材や薪にしたり、シカなど野生動物を狩ったりするようになった。乱獲や乱開発によって自然がすっかり壊されてしまうのを防ぐ目的もあって、1930年5月にライディングマウンテン国立公園が誕生した。

ビーバーに餌を与えるグレイ・アウル。ライディングマウンテン国立公園。1931年 Library and Archives

ビーバーに餌を与えるグレイ・アウル。ライディングマウンテン国立公園。1931年 Library and Archives

翌1932年4月、公園の自然専門官(Naturalist)として、自然保護活動家として名高いグレイ・アウルが招かれた。グレイ・アウルは、当時絶滅寸前だったビーバーを保護する必要性を訴え、広く知られていた。グレイ・アウルは公園内の湖畔に建てられた小屋に、彼が飼養する2頭のビーバーとともに住みこんだ。ビーバーはそこで4頭の子を産んだ。グレイ・アウルとビーバーたちの暮らしは、映画に記録され、彼の考えを世に広めるのに貢献した。しかし、同公園には、彼が好むカヌーでの旅に適した水路がないなどの事情もあって、グレイ・アウルはわずか半年後の1932年10月、同公園を去り、サスカチュワン州のプリンス・アルバート国立公園に移った。グレイ・アウルが去った後も、その影響力はつづいた。公園当局は、グレイ・アウルの唱えたビーバー再導入計画を実行。ライディングマウンテン国立公園は、ビーバー復活の拠点として、大きな役割をはたしてきたのである。
なお、グレイ・アウルが住んだ小屋は、今も公園内のビーバー・ロッジ湖に建っている。また、小屋の周辺で撮影された映画は、下記URLにアクセスすれば見ることができる。

Beaver People
https://www.nfb.ca/film/beaver_people

Beaver Family
https://www.nfb.ca/film/beaver_family

クリア湖の夕景

クリア湖の夕景

ライディングマウンテン国立公園の中心は、クリア湖(Clear Lake)のほとりにあるワサガミング。ビジターセンター、博物館、レストラン、宿泊施設、コンランドリー、インターネットカフェなどの施設が備えられている。

ライディングマウンテン国立公園の仲間

ビーバー/Beaver

ビーバー/Beaver

ビーバーは、園内の様々な水辺で見られる。ビーバーのほか、数千頭のエルク(ワピチ)やムース(ヘラジカ)、数百頭のアメリカグマ、数十頭のオオカミなど、約50種の哺乳類が住んでいる。野鳥は約260種が確認されている。

ライディングマウンテンで見られる鳥獣 ()内は標準的な和名

オジロジカ White-tailed Deer

オジロジカ
White-tailed Deer

ムース(ヘラジカ) Moose

ムース(ヘラジカ)
Moose

エルク(ワピチ) Elk (Wapiti)

エルク(ワピチ)
Elk (Wapiti)

バッファロー(アメリカバイソン) Buffalo (Bison)

バッファロー(アメリカバイソン)
Buffalo (Bison)

コヨーテ Coyote

コヨーテ
Coyote

アメリカクロクマ(アメリカグマ) American Black Bear

アメリカクロクマ(アメリカグマ)
American Black Bear

マスクラット

マスクラット
Muskrat

アカリス

アカリス
Red Squirrel

リチャードソンジリス

リチャードソンジリス
Richardson’s Ground Squirrel

フランクリンジリス Franklin's Ground Squirrel

フランクリンジリス
Franklin’s Ground Squirrel

ジュウサンセンジリス Thrteen-lined Ground Squirrel

ジュウサンセンジリス
Thrteen-lined Ground Squirrel

カンムリキツツキ Pileated Woodpecker

カンムリキツツキ
Pileated Woodpecker

オウゴンヒワ  American Goldfinch

オウゴンヒワ
American Goldfinch

ヒメハジロ Bufflehead

ヒメハジロ
Bufflehead

カナダガン Canada Goose

カナダガン
Canada Goose

キガシラムクドリモドキ Yellow-headed Blackbird

キガシラムクドリモドキ
Yellow-headed Blackbird

ハゴロモガラス Red-winged Blackbird

ハゴロモガラス
Red-winged Blackbird

ミドリツバメ Tree Swallow

ミドリツバメ
Tree Swallow

イエミソサザイ House Wren

イエミソサザイ
House Wren

ミカヅキシマアジ Blue-winged Teal

ミカヅキシマアジ
Blue-winged Teal

カワアイサ Common Merganser

カワアイサ
Common Merganser

コメントを残す