2016年3月15日から電子渡航認証システム(eTA)導入

2016年3月15日から、カナダ入国の際に電子渡航認証システム「eTA(Electronic Travel Authorization)」が必要になります。eTAの申請そのものは、すでにオンラインで行うことができます。

電子渡航認証(eTA)は、カナダ入国ビザが免除されている国籍の方(日本国籍の方は該当)が、カナダに空路で渡航する際に必要となる新しい要件です。カナダに陸路または海路で入国する場合、eTAは不要です。
eTAはご本人のパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は最長5年間、またはパスポートの有効期限までとなります。

カナダ電子渡航認証 (eTA) 早わかり

eTAの申請は、オンラインの簡単な手続きにより数分で行えます。必要なものは、パスポート、クレジットカードとEメールアドレス。取得料金は7カナダドルです。

eTAの申請書は英語/仏語です。申請をするための日本語ガイドを参照すると便利です。

万が一、eTAが義務化された後、eTAを取得せずに空港に到着した場合でも、インターネットにアクセスできるデバイス(携帯電話を含む)があれば、直前でもeTAの申請は可能です。
eTAはオンラインで簡単に申請でき、ほとんどの場合、数分以内にEメールによる回答を受け取ることができます。しかし万全を期するために、カナダへの渡航が決まったら、すぐにeTAを取得するようにしましょう。