タテゴトアザラシ 流氷での子育て物語

お気に入りに追加

カナダ東部、セントローレンス湾に浮かぶマドレーヌ島。冬、この島の海を埋め尽くす流氷の上では、タテゴトアザラシが出産、子育てをする。しかし、それは流氷が溶けるまでのおよそ2週間。短い期間に凝縮された母子の生命の営み、フワフワのかわいらしい赤ちゃんは必見!

動画提供:TBSテレビ どうぶつ・自然番組シリーズ

コメント

  • 井上 政子 

    赤ちゃんアザラシの可愛らしいしぐさと、ふさふさの体毛。まん丸い大きな瞳、両の鼻腔をピクンピクンと大きく開いたり閉じたりする、タテゴトアザラシの赤ちゃんは、まさに雪上の天使みたいです。
    マドレーヌ島、マイナス30度の極寒の地では、一面の流氷と純白の雪上。母は赤ちゃんを慈しみ、赤ちゃんは母に甘え、信頼しきっており母子は切っても切れない愛情で結ばれているようです。お母さんは、短いその手で、赤ちゃんを抱き締めます。泳ぐときには、精一杯の援助をその身体全体で示します。
    感動する生の営みです。我々人間が学ぶべき多くをこの姿に感じました。この目で確かめられるなら、ぜひとも見てみたいと思います。

  • イトウ

    娘が1才9ヶ月で、まだまだ手のかかる赤ちゃんです。アザラシも手がかかる子供を注意深く気づかって毎日過ごしてるんだなと共感しました。人の子供もカワイイけど、動物の赤ちゃんもカワイイ!

  • chiyo

    ここには貴さんという日本人の画家さんがおります。料理の腕も超一流で随分と滞在中はお世話になったものです。仕事の関係で夏場しか訪れていないので冬の光景もまたすばらしいのではと思っております。

  • yumi

    流氷の上という、厳しい自然のなかで、ひとり立ちするまでの短い時間を過ごすタテゴトアザラシの母子の姿に感動しました。赤ちゃんの真っ白でモフっとしたカラダと大きな黒目がちな顔がたまらなく可愛いです。なかなか海に入りたがらない子供を励まし、心配そうに見守るアザラシのお母さんに、幼い頃自分を遠くから見守る母の面影が重なりました。

コメントを残す



カナダキャンペーン Close