『モザイク-カナダ-』第2話~バンクーバーという人生を歩く~ 予告編

お気に入りに追加

カナダ観光局員、秋月菜々は、本当のカナダを知るためにカナダ西の玄関口バンクーバーへ旅に出た。旅のテーマは「歩く」。そこには自由に人生を歩く人々の姿があふれていた。

<本編放送日>
放送局:イマジカBS
放送日:8月26日(水) 20:00-21:00、9月1日(火)12:30-13:30(再放送)
※カナダシアターでは9月下旬に配信予定

 

2017年の菜々と早紀 「MOSAIC-CANADA-」インタビュー
http://canada.jp/special/post-3108/

コメント

  • 野口四郎

    カナダの大自然の紅葉を見たい。

  • 須賀敏勝

    カナダの自然をみたい。

  • Kojiro Iuchi

    モザイク-カナダ-第一話を見ての感想をのべます。私は現在カナダ(アルバータ―州カルガリー)に住んでいます。
    かれこれもう46年ですが改めてカナダの良さを実感しています。私は日本で生まれ(千葉県)育ち20歳でカナダへ渡加
    (カナダと日本政府の国家プロジェクト)しましたが長年(46年間も)住んで居るとこれが現実(当たり前)だと思い
    カナダの良さに感謝の気持ちに欠ける日々を過ごして来たが改めて日本人(日本国内から)の立場からカナダを見ると本当にカナダという国は「素晴らしい」と思う。世界中の人間が一つの国の中に住んで生活している国。正にこれが将来の人間の生きて行く社会(国)だと思う。モザイクーカナダ、日本の皆様、ぜひカナダに来てカナダの良さを実感して下さい。日本の28倍の国土で人口はわずか3千3百万人の国。この国に住んでいると自然に気持ちも(考え方、思想も)大きくなります。人生は一度です。海外旅行でもう一度行きたい国は?というアンケートでは「カナダ」だそうです。私はこのカナダという国を永住の国として選んだ事に幸せを感じます。(1979年にカナダ市民権を収得しました)。私達(カナダに住む日本人)は母国の日本を捨てたわけではありません。たとへカナダに住んで居てもいつも心の心底には生まれ育った日本と言う国がありますが「この国」にこうして住める事に我々(カナダに住んでいる日本人)は感謝しています。

    カナダに住むカナダ国籍の日本人より

  • keiko

    動画を見て ぜひともカナダの自然に触れあいたいと思いました
    が。。。
    それよりも何より kojiroさんのコメントは私の心に響き
    なんて素敵なカナダなんでしょうか!
    動画を観なくても kojiroさんのコメントでカナダに是非とも行ってみたいような素晴らしい思いが伝わってきました

  • 青木 智

    初めて、カナダに訪問したのは1982年の3月の新婚旅行でした。私のわがままで、どうしてもカナダでスキーをしたいと言って、妻の協力で叶いました。成田からバンクーバー経由カルガリーからバスでバンフに着きスキー部のクラブ活動の様な1週間でした。バンフスプリングスホテルは大変良かったです。その時に一緒だった新婚メンバーと孫の話が話題になる年になりましたが、今も年賀状の付き合いはしています。 カナダの広大な自然に見とれてしまいました。特にレイクルイーズが良かったです。長女がワンホリでビクトリアにて2年ほど生活していた時にバンクーバーで待ち合わせて久し振りに逢えて、スタンレーパークに同行、新婚旅行以来の久し振りに行きましたが、気のせいかも知れませんがトーテンポールの数が増えた様に思いました。長女と食事と1泊して話が色々出来て良かったです。 新婚旅行の思い出のバンフスプリングスホテルに1泊、カルガリーからトロントへ、そしてナイアガラの滝へすごい光景でした。 長男が大学の時に留学したいと相談が有り、なんとカナダのビクトリアでした。3週間でしたが丁度長女がビクトリアに居る時だったから2人で食事に行ったりした様です。2人の子供が行ったビクトリアに来年にも夫婦で行きたいと相談しています。是非行きたいなぁ。

  • たか

    亡き夫が一度は行ってみたかったというカナダ、10月姪が留学したバンクーバー…動画拝見私も行ってみたーい

コメントを残す