カナダ - 150年 街道をゆく

カナダ - 150年 街道をゆく

お気に入りに追加

blog再開のお知らせ

長らくお待たせしてすみませんでした。

実は10月に再度カナダに行っておりまして、それから新刊が出たのでそのご挨拶、さらに連載原稿で超多忙になってしまい、更新が遅れておりました。連載も無事に今月をもって2本終了しましたので、これからまたガシガシ更新していきたいと思っています。

このページをお借りして、裏話をいくつか。

①まず自転車ですが、トランス・カナダ・トレイル(TCT)が途切れ途切れなため、その間のバス移動などが実はかなり頻雑で、苦労させられました。カナダは、ご存じの方も多いと思うのですが、都市内(例えばバンクーバー市内)の移動はバスの前に自転車専用ラックがあるため、非常に便利なのですが、都市~都市、町~町の移動をなぜか想定してくれていません。なので一度分解して、専用boxを購入し、普通の荷物室に載せる必要があります。こうして次のTCTの始発点まで移動するのですね。値段も人間の1.5~2倍ほどします。

このシステムは、バス会社によって多少違うのですが、他の荷物(自分の荷物ですね)もあるので大変でした。ハイウェイもできるだけ自転車で走るようにしていますが、次回は一考したいと思っています。

またTCTサイトにあるTCTルートは、国道も含んでいるため、つながっているように見えますが、実はつながっていません(笑) さすがにハイウェイは少しだけですが、日本でいう「市道」でつなげている箇所がかなり多いので、できるだけ歴史的な道を行きたいと思います。

②それとカナダは、現在blogで進んでいるケベックを中心として、東海岸から入植の歴史が始まりました。なので東部と西部では全然違う、ということを今回体感しました。実はこの企画は、2年後の2017年に単行本として発刊予定なので、そのための取材も必要なんですね。ただ自転車で走って「ハイ、終わり!」ではないのです。歴史や人などに当たって、いろいろ取材しなければなりません。

このblogでは、どちらかというと観光にテーマを置いていますが、単行本ではこのblogの内容とは全く違う内容になります。つまり2つのテーマで動いているので、それもまた難しいところです。

しかしこれからも言えることですが、ここでは「楽しいカナダ」をテーマにしています。だからといって単行本のカナダは「暗いカナダ」(笑)にはなりません。「より深いカナダ」になります。ともあれ、このblogでは「楽しいカナダ」を、より楽しんでいただけたらと思っています。

ということで、今後はできるだけ1週間に1度の更新を目指しますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。ご意見にも必ずお返事しますので、お待ちしております。

 

コメント

  • Tomoko Kosumi

    お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
    ブログ再開ほっとしました。実は、ご病気なのではないかと心配していました。
    また、読ませていただきます。

    • 上原善広

      またまたご無沙汰していまいました。元気でやっておりますが、多忙のためすみませんでした。今後ともよろしくお願いいたします。

    • 上原善広

      体調は波がありますが、これはいつものことなので、気になさらないでください。これからもどうかよろしくお願いいたします(^^)

  • 山崎

    孤独な旅は、さみしいことも多いでしょうが、安全運転で頑張って下さい。ご活躍期待しております。

    • 上原善広

      ありがとうございます。頑張ります。ブログ再開いたしますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す