番外編 モントリオール国際ジャズ・フェスティバル!

カナダ - 150年 街道をゆく

お気に入りに追加

番外編 モントリオール国際ジャズ・フェスティバル!

えー、ブログでは昨日までノバスコシア州にいたのですが、カナダは北国なので、夏はとっても短いのです。そのため夏になると連日、どこでもお祭り騒ぎなんですね。

それで実は、現在、ケベック・シティにまで到達しています。ブログでは「プリンス・エドワード島編」があまりにも長すぎたため、ブログ上ではまだ、ノバ・スコシア州をウロウロしているというわけなのです。

詳しくはまた次回以降、おいおい書き込んで説明しますが、とにかく「カナダの夏はお祭りだらけ」なのですね。その中でも今回、絶対に行きたいのが6月24日「ケベック・デー」と、26日から始まる「モントリオール国際ジャズ・フェスタ」、それに7月1日のオタワ「カナダ・デー(建国記念日)」なのです。

しかし自転車では、一か月足らずでプリンエドワード島からモントリオールはもちろん、オタワに着くのは不可能です(トランス・カナダ・トレイル=TCTのルートだと2000km以上あります)。

いや、できる人もいるでしょう。トレーニングを積み、なおかつ40キロもの荷物がなければ行ける人もいると思います。しかし悲しいことに、ぼくの足では絶対に無理なのです! 

だけどジャズ・フェスタとカナダ・デーは絶対に外せない。。。ちなみにケベック・シティの「ケベック・デー」には間に合いました(これは6月24日)。このときの模様は、また書きますね。

というわけで、自転車は一旦、ケベック・シティに置いといて、ここはバスに飛び乗って、モントリオールに先回りしてきました。TCTはいつでも走れるけども、お祭りはその日じゃないと駄目なのです。

というわけで、ずっと田舎町を走っていたのですが、一気にカナダ第二の都市、モントリオールにやってきました!

IMG_2332

だったら、6月24日のケベック・デーの模様も中継すれば良かったのですが、時系列にこだわりすぎてたのと、楽しかったのでアップするのをすっかり忘れていたのです(^^;) 

それはともかく、モントリオールに入ると、すでにジャズ・フェスタは大盛り上がり! なにしろ今年は6月26日~7月5日の期間中、約800のコンサートがあり、30カ国以上3000組あまりのアーティストが出演します。もちろん、世界最大のジャズ・フェスタなのです。

それでは、ブログならではの、中継の模様をご覧ください!

まずはゆっくり、地元中高生たちによる「リトル・ジャズ」からスタートです。

IMG_2343

IMG_2344

IMG_2346

かわいいですね。

次は、常時いるミニバンドです。

IMG_2363

IMG_2367

 

そして次は、子供向けジャズ!

IMG_2357

IMG_2361

 

もちろん、こんなものではありません。本番はやっぱり夜なのです!

IMG_2380

IMG_2383

IMG_2373

IMG_2378IMG_2370

いやーライトが眩しいですね。

これが10日間、毎日昼の正午~深夜0時までぶっ通しでやっているのです。

同時進行でいろんな場所でコンサートが開かれているので、どこに行こうか迷ってしまいます。もちろんプログラムはあるので、好きなバンドや知ってる歌手のところに行きます。バンドだけでなく、お客さんも世界中からくるんですね。ぼくの泊まっているホテルも、ほぼ満室でした。

ぼくはあまり今のジャズに詳しくないのですが、唯一「BBキング」だけ知ってました。しかし、これは残念ながら最終日で見られず。。。しかも有料でした(コンサートの三分の二は無料なのです)。

というわけで、番外編「モントリオール国際ジャズ・フェスティバル」でした。

次回は7月1日、オタワの「カナダ・デー(建国記念日)」です。明日移動して、できるだけ早くアップしますね!(飲みすぎなければ……)

 

コメント

  • Kosumi Tomoko

    ジャズ!!!!いいですねぇ~モントリオ―ル。きっとオタワもすごいんでしょうね・・・
    グアムも7月4日がインディペンデンスデーです。週末は金曜日からお休みになります。
    カナダは食べ物もワインもおいしいし、・・・・あ~今からでも・・・行きたくなりました。
    すてきなカナダデーをお楽しみください。

    • 上原善広

      そうなんです、意外にカナダのワインっておいしいんです。USのナパ・バレーなどのように、あんまり宣伝しようって気がないんでしようねー。その呑気なところがカナダらしいかと。。。こちらは天気が雨だったり晴れたりと、コロコロと変わりますが、グアムはいかがですか? 最近、グアムに台風が来なくなったと聞きましたが、地球の天候も年々、変わっているのでしょうね。

コメントを残す